楽天モバイル(MNO)

楽天モバイルのRakuten Linkアプリはプライバシーを軽視しているのではないか?

Rakuten Linkアプリとは

楽天モバイル(MNO)で、通話やメッセージ機能を無料で使うには楽天リンク(Rakuten Link)というアプリの利用が必須である。これを使った通話でなければ国内通話もすべて有料となるため、このLinkアプリを使うことが前提となっている。今回は、Rakuten Linkアプリを使ってプライバシーの軽視があるのではないか?と感じたのでご紹介する。

電話番号さえ分かればオンライン状態かバレてしまう

Rakuten Linkアプリの連絡先を開いた画面

Rakuten Linkアプリを開くと連絡先一覧を確認することが出来る。この連絡先は、スマートフォン本体の連絡先を読み取り、楽天モバイルのサーバーに保存されてしまっているようで端末から連絡先を消しても、Linkアプリからは消えない。消すには1件ずつ開いて削除を押す必要がある。良く言えば、連絡先は常にバックアップされるので、端末を買い替えてもLinkアプリに電話番号類は残る。

Linkアプリから連絡先を見ると、ピンク色の電話マークが出る。これは「この人は楽天モバイルを使用していますよ」という意味になる。


連絡先を開くと、相手のオンライン状態表示がある

楽天モバイルユーザーかつRakuten Linkを使っているユーザーの連絡先を開くと、「最終オンライン時間」が表示される。これは最後いつLinkアプリを使用したか表示するものである。連絡先が相互で登録されている必要もないので、言ってみれば電話番号さえ知っていれば相手がいつオンラインになったか分かってしまう。Android版なら、そのままビデオ通話も可能になる。

事情があり電話に出たくない場合でも、相手からすれば直近までオンラインだった事が分かってしまい、「寝ていた」などと言い訳をする事も苦しくなる場合が予想される。

電話番号さえわかればメッセージで既読も分かる

電話番号でショートメールが送信できるのは、どのキャリアにもSMSという機能がある。そのためメッセージを無作為に送ることが出来るのは従来も同じであるが、楽天モバイルのRakuten Linkの場合、相手がメッセージを開いたかどうかを表示する「既読」表示がある。友達や家族間のメッセージであれば便利な既読表示機能であると言えるかもしれないが、他のメッセージアプリのように友達登録などをしなくてもこの機能が使えてしまうのは不正利用される可能性を考えると、決して良いものではないと筆者は考える。

楽天モバイルはシステムを改めるべきではないか

このような機能の実装は用途によって便利であると言えるが、場合によっては危険な場合もあると筆者は考える。そのため、楽天モバイルはユーザーが任意で設定を変更出来るようにアプリ・サービスを改修すべきであると感じた。

 

 

※本記事作成時点(2020/12/20)の内容であり、上記の問題は今後のアップデートなどで解決される可能性があること断っておく。