Old posts

NTT docomoの回線を利用するMVNO「IIJ mio」が提供する音声/データ付きプラン「みおふぉん」が良さそう。

Screen Shot 2014-03-14 at 6.04.11 PM

 

docomoのMVNOとして日本国内でサービスを行っているIIJの個人向けサービス「IIJ mio」という物がありますが、その中でも「みおふぉん」という音声通話とデータ通信が出来るプランが結構よさそうだったので紹介します。

 

以下のIIJ mioの価格は消費税8%で計算されているようです。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 6.04.18 PM

パッケージ初期費用が3,240円掛かりますが、基本料金は2,052円、2,721.6円、3,844.8円〜の3種類あります。

中でも気になったのが、ライトスタートプラン。 
ライトスタートプランは、2GBの高速データ通信が利用できるものです。
クーポンを使わなければ200kbpsの低速通信が行えるので、切り替えれば月2GBでも余裕で足りそうな気がします。

自宅ではWi-Fi、外出先では基本的にWiMAX等のルーターやカフェなどのWi-Fiスポットを利用する人なら、2GBで十分な人も多そうですよね。
外出先で携帯回線を利用して動画を見たり、写真を沢山アップロードしないのでれば、ですが。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 6.04.33 PM

 

音声通話料金はdocomoの一番高いプランと同じくらいです。 
21.6円/30秒ということなので、音声通話をかなりの頻度で利用する人は高く付く事になります。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 6.04.44 PM

 

最低利用期間は12ヶ月間。それ以降であればいつ解約、MNP転出しても、「音声通話機能解除調定金」は発生しないそうです。

違約金(音声通話機能解除調定金)は12ヶ月から利用した月数を差し引いた数×1,080円ということで、3ヶ月だけ使って解約やMNP転出する場合であれば、9,720円かかることになります。

利用した月数 発生する音声通話機能解除調定金
0ヶ月 12,960円
1ヶ月 11,880円
2ヶ月 10,800円
3ヶ月 9720円
4ヶ月 8,640円
5ヶ月 7,560円
6ヶ月 6,480円
7ヶ月 5,400円
8ヶ月 4,320円
9ヶ月 3,240円
10ヶ月 2,160円
11ヶ月 1,080円
12ヶ月以降 0円

表にすると、上記の通りだと思います。 
途中解約は結構高いですね 

 

 

MNP転入ですが、2014年4月中旬を予定しているということなので、来月にもMNP転入が始まるということです。

 

 

音声通話が不要であるなら下記のプランが良いかもしれません。上記のプランから音声通話を抜いたプランがあります。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 6.15.11 PM

音声通話の基本料金が、1,080円とやや高めで計算されているため、データだけの利用ならもっと安く利用可能です。
ファミリーシェアプランを使えばSIMカードは最大3枚まで提供され、それぞれの端末で使えるので家族で共有するのも一人で3台使うのも良いでしょう。
 

 

 

docomo回線を使うMVNOは現在いろんな会社が行っており、有名な所では日本通信とIIJの2社かと思います。
両社ともイオンでのSIM販売も行っていますから、何となく知っているという人はそれなりに居そうな印象です。

 

日本通信の「スマホ電話SIMフリーData」プランと比較してみましょう。

Screen Shot 2014-03-14 at 6.21.16 PM
月額基本料は、1,560円。高速データは含みませんが、200kbpsでデータ通信が使い放題とあります。
通話料金は、20円/30秒で税別価格なので、IIJと同じでしょうか。 

高速データは、3GBパッケージが1,560円で購入できるので、毎月3GBの高速通信+音声通話のプランで3,120円(税別)で利用できることになります。
IIJ mioのファミリーシェア 3GBプランは、SIMが最大3枚まで付いて月3,844.8円(税込)なので、SIMは1枚あれば十分だし、高速データ通信は3GB使いたいという人には日本通信のほうが向いているのかも?しれません。(追加SIM1枚毎に2,160円かかります) 

 

日本通信の音声付きプランは既にMNP転入が可能です。
最低利用期間は 少なくとも5ヶ月間ということで、IIJ mioよりは制限が緩いので、すぐにキャリアを変える可能性のある人はIIJよりも日本通信のほうが良いかも知れません。 

 

 

docomoのMVNO SIMは、SIMフリーの携帯電話、SIMフリーのタブレット、SIMフリーのモバイルルータの他に、docomoロックのかかった製品でも利用できます。なので、SIMフリー製品を買わなくとも、docomoの余ったスマホや中古で買ったdocomo端末が利用できるので、余った端末の活用にも良さそうなのが評価できる点と言えるでしょう。

 

※尚、両社とも音声通話が利用できるプランは表示されている価格の他にユニバーサルサービス料が税別で3円かかります。

LINK : IIJ Mio
LINK : サービス概要 プラン・料金 – IIJ Mio

LINK : 日本通信
LINK : スマホ電話SIMフリーDATA – 日本通信

 

 

2014/03/14