スマートフォン

SONY、国内版SIMフリーモデルのXperia 5(J9260)にAndroid 11のアップデートを配信開始。

SONYは日本国内において通信キャリアを経由せずに販売する国内版SIMフリーモデルのXperia 5(J9260)を対象に、Android 11アップデートの配信を開始した。

NTT docomo向けモデルのXperia 5 SO-01Mのアップデート配信開始より1日ほど遅れた格好となるが、SIMフリーモデルへの突然のアップデート配信開始に筆者は驚いた。

これまではAndroid 10(ビルド55.1.A.12.28)だったが、Android 11(ビルド55.2.A.4.119)となった。

Android 11へ更新されたことにより、SNSアプリなどの通知表示が変更になった他、プライバシー保護の機能が強化された。またUSB Type-Cの有線LANアダプターを用いる事で、イーサネットテザリングができるようになったなど、Android 11で追加された機能が使えるようになった。この他、セキュリティーパッチの更新の含まれる。