Jumper

Jumper EZbook X1に、「CloudReady」でChromium OSを試験的にインストールしてみた。

CloudReadyを試したかった

昨年末に「Jumper」という中国メーカーの、持ち運びに便利なノートパソコンを購入した。Amazonのタイムセールで、2万円前半という価格で購入することができた。購入時のかんたんなレビューは下記から。

持ち運びに便利なJumper EZbook X1を購入したJumper EZbook X1を購入した Jumperとは 中国のパソコンメーカーで、正式には深圳中柏科技有限公司。 Jump...

上記の記事にも書いたとおり、Jumper EZbook X1は次のようなスペックである。

OS Windows 10 Home
CPU Intel Celeron N3350 1.1GHz
RAM 4GB DDR3L
ROM 128GB mSATA
画面 11.6インチ IPS液晶
画面解像度 1920×1080
Wi-Fi Intel(R) Dual Band Wireless-AC 3165(2.4GHz/5GH対応)
Bluetooth 4.0
バッテリー容量 7.6V/3,500mWh

Windows 10がプリインストールされているマシンではあるが、Windows 10を十分に動かすにはあともう一歩だと感じた。このPCを使って、ブログの執筆やネットサーフィンなど利用用途を限定していたため、「CloudReadyを使用して、Chromium OSを導入しら軽快になるのではないか?」と考えた。

Linux Ubuntuなどの導入も検討したが、Chromium OSは試したことがなかったので、入れてみることにした。

 

 CloudReadyとは

CloudReadyとは、neverwareが提供する「Chromium OS」パッケージである。
個人利用のHome Editionであれば完全無料で使うことができ、インストールパッケージは公式サイトより無料ダウンロードできる。

ダウンロードリンク

CloudReadyのダウンロードは下記から。

https://www.neverware.com/freedownload

 

インストールガイド(英語)

インストールガイドは英語となるが、下記から見ることができる。
このブログでは、詳細なセットアップについては触れないが、非常にかんたんに行えるので心配は不要である。

https://guide.neverware.com/critical-requirements/#check-network

 

インストールすると Windowsは消える

SSDの初期化が必要となるため、Windowsは消える。
パーテーションを区切るなどして、デュアルブートしている人もいるようだが、一般的なセットアップウィザードでは、そのようなことはできなかった。
今回は、データが消えても問題が無いと判断したため、気にせず続行した。

 

問題なく利用できた

セットアップの方法などは割愛するが、セットアップはトラブルなく完了できた。
Jumper EZbook Z1は、特別なことをしなくても基本的なことはすべて行えた。

出来たこと、出来なかったことは下記に列挙したため参考としてほしい。

問題なく動いたドライバ

  • ディスプレイ(FHD解像度でOK)
  • スピーカー
  • キーボード(音量、照度のFnは動作)
  • Wi-Fi(2.4GHz/5GHzともに問題なし)
  • Bluetooth(マウスのペアリングも問題なし)
  • USB Type-Cポート(PD充電/USBメモリの読み込みなど)
  • MicroUSB OTGポート
  • microSDカードスロット
  • リッドクローズ時のスリープ挙動
  • 本体横の音量ボタン
  • トラックパッド(マルチタッチ動作可能でピンチイン操作など出来た)
  • バッテリー(残量表示など問題なさそうだった)

 

問題があったドライバ

  • タッチパネル(作動せず)
  • ジャイロセンサー

 

試していない事

  • 3.5mmオーディオジャック
  • MicroHDMIポート

 

便利なChrome拡張機能

個人的に便利だと思った、Chrome拡張機能を紹介する。
CloudReadyでは、Google Playが利用出来ないためアプリのインストールが基本的に出来ない。入れる方法も、全く無いわけではなさそうだが、あまりややこしいことは避けたいので、ここはChrome Web Storeより拡張機能を利用することにした。

 【表計算ソフト】Microsoft Excel Online


表計算ソフトの定番。Microsoft Office Online。基本的な操作はだいたい問題がなく使えそうだった。
https://chrome.google.com/webstore/detail/excel-online/iljnkagajgfdmfnnidjijobijlfjfgnb

 

【画像編集ソフト】Pixlr Editon


Photoshopライクな画像編集ソフト
https://chrome.google.com/webstore/detail/pixlr-editor/icmaknaampgiegkcjlimdiidlhopknpk?utm_source=chrome-app-launcher-info-dialog

 

この他、様々なChome拡張機能を利用することができるが、取り急ぎ筆者が個人的に使って気に入ったのは上記の2つである。高性能なソフトウェアが無料で使えるのはとても嬉しい。

 

 

使い続けるかどうか

この記事も、CloudReadyを使用して入れたChromium OSは思いの外快適であった。
しかしながら、Google Playストアを入れることが出来ないなどの制約もあり、Chrome OSの醍醐味である「Androidアプリを使う」ということが出来ない。

基本的にはブラウザだけで色々な事ができるため、アプリを入れなくてもChrome Web Storeから入手できるChrome拡張機能だけでも様々なことができる。

Googleスプレッドシートはもちろん、MicrosoftからExcelも提供されている。(しかし、ローカルドライブの文章の編集や保存は出来ず、MicrosoftのOne Driveを利用しなくてはならない。

しばらく使って様子を見たいとは思うが、現時点では後日Windows 10に戻そうかと思っている。バッテリーの消費具合や、動作状況などを見つつ考えていきたいと思う。