Old posts

UQ Communicationsが提供するWORLD WiMAXが米国内で使用できない不具合がまた発生中。

image

日本国内でWiMAX通信サービスを展開するUQコミュニケーションズは、米国と韓国にてWiMAXのローミングが出来るWORLD WiMAXのサービスを提供しています。

韓国での利用は、24時間あたり3,000ウォンの代金が発生しますが、米国での利用は無料という太っ腹なサービスです。
米国によく行く私としては頼りの通信網なのですが、ここのところ不具合多発でまともに使えていません。

私が最初に発見したのは、2012年の3月。(ココのエントリーに記載があります)
米国本土での接続が上手くいかず。特定の時間のみ使用できるという非常に困った状態になっていました。

9月は何の問題も無く快適に使用できました。
10月はWiMAX内蔵のThinkPadを持って行かなかったので調査できず。
11月は午前中は利用できず、午後になると利用でき、そのまま日付が変わっても利用できました。翌朝は使えない というパターンでした。

そして、12月。午前も午後もこんな画面になってしまいます。

Capture

Free Day Pass Noticeというのは、「無料の1日パスの注意書き」というような意味ですね。

問題なのは、Renew(更新)ボタンの上にある赤い文字。
「There’s a problem while renewing the service…」と書かれています。
サービスの更新に問題があります。という意味なのですが、これではインターネットに接続できないので意味がありません。

ちなみに、9月と10月はCLEAR Wireの現地契約回線も使用していましたが、こちらは何の問題もありませんでした。とても快適に通信することが出来ました。

ここで、考えられるのは米国のWiMAXサービスプロバイダーであるCLEAR側の基地局などの問題ではなく、ローミングを管理するシステムに問題があるのでは無いかという点です。
この件に関して、米CLEARのカスタマーサポートに直接回答を求めましたが「え?使えないの?よく分かりません」ということでした。カスタマーサポートは本件を知らないようでした。

無料とはいえ使えなければ意味が無いので、UQとCLEARは出来るだけ速く問題解決に取り組んでいただきたいですね。