Old posts

SONY SmartWatch 3を購入。思ったより使えるデバイスでした。

SLR 7555

先日、Google Nexus 6を購入したついでにSONY SmartWatch 3を購入しました。
Apple Watchがもう少しで予約受付開始となるタイミングで、話題性や出るであろうアクセサリーの種類などを考えればApple Watchを買うべきだったのかもしれませんが
ちょっとiOSに飽きてしまったため、しばらくはAndroidをメインにしたいと思い、ならばAndroid Wear対応のスマートウォッチだろうということで、SONY SmartWatch 3を買いました。

そもそも、このジャンルの製品はまだまだまともに使える代物ではないと勝手に思い込んでいたためそれまでは興味すらもっていない種類のデバイスでした。
今回は、下調べもせずに買ってみたわけですが思った以上の使い物になるデバイスで良い意味で期待を裏切られました。

 

 

 

SLR 7557

シリコンバンド版は市場価格25,000円前後で購入でき、わりとリーズナブル。
このサイズでもQuad-coreのCPUを搭載しているのが驚きです。
ディスプレイはタッチパネルで、物理ボタンは電源ボタンのみで、ポートはmicroUSBポートのみ。

 

SLR 7567

他のスマートウォッチが無接点充電や、専用クレードル充電に対応するなか、SONY SmartWatch 3はmicroUSBによる充電です。
バッテリーは1-2日程度しか持たないので、基本的には毎日充電する必要があります。
キャップレス防水ではないので、ここを開けてmicroUSBを接続するのは正直手間です。

 

SLR 7718

屋外での視野も問題ありません。
外ではあまりよく見えないかな、と思っていたのでこの点も良いポイントです。

 

基本的に、Android端末で受けた通知を受け取るデバイスですが、ちょっとしたことならAndroid Wearデバイス単体でも可能です。
例えば、電卓をインストールすれば電卓を使えます。

あとは、よく使う機能としてはタイマー。
私は、PHEV車(ガソリンも使える電気自動車)に乗っているのですが、充電時間をタイマーで管理しています。
通常のタイマーの通知も時計に届くのと、残り時間を確認できるのでいちいちスマートフォンで確認する必要が無いので便利です。
また、三菱の「三菱電動車両サポート」 アプリ(EV-Smart)で充電タイマーを設定すればそのタイマー通知も届きます。

 

あとは、TwitterやFacebookなどの通知も届きます。
アプリによっては音声による返信や、LIKEなどを送る事が出来ます。
主な操作はスマートフォンになりますが、届いたメッセージの確認などはこれだけで大丈夫そうです。

 

スマートフォンを手放せない生活をしている人は、それなりに使えるデバイスだとは思います。
普段メタルバンドの時計を使っていたので、シリコンバンドという点は気に入りませんでした。
純正の交換用メタルバンドの発売が待ち遠しいです。(純正じゃ無くてもいいから欲しい)

なお、メタルバンドモデルもあります。ただ、調べないで買ったので買ってから知りました。

 

ちなみに、液晶保護フィルムは下記の物を買いました。
簡単に貼れて、見た目も損ねないのでオススメです。